東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タンポポ

関東は春分の日ぃを過ぎたあたりから温(ぬく)なって、「やー春やわぁ」って思ったのに、4月に入ってからまた寒(さむ)なって、昨日なんか2月並みの気温やってんて。春もんの薄手のコート着とってんけど、昨日・今日はまたダウンジャケットを着てるもっちぃ。だって寒いんキライやもーん。

さてさて、前置き長なってもうたけど、今回はタンポポの話。桜もそうやけど、道端でタンポポ咲いてるん見つけたらやっぱり「春やなぁ」って思いますやん?

で、タンポポにゃいくつも種類があって、1年中のように咲いてるんは「セイヨウタンポポ」っちゅー外来種。ほんで、日本在来種の代表的なんが、「カントウタンポポ」と「カンサイタンポポ」。その名のとおり、関東で咲いてるんが「カントウタンポポ」で関西に咲いてるんが「カンサイタンポポ」っちゅーわけですな。「カントウタンポポ」の亜種で「トウカイタンポポ」っちゅーのもあって、北海道に咲いてるんは「エゾタンポポ」、「シコタンタンポポ」やねんて。

セイヨウタンポポは実は1年を通して日本各地で咲いてるらしい。せやから夏やら秋に咲いてるタンポポを見かけたらそれはまぁセイヨウタンポポか、在来種との雑種、っちゅーことになるんやろうねぇ。

なんでセイヨウタンポポの占める割合が大きなってきてるか、っちゅーんは、どうやら繁殖の仕方の違いみたいやね。カントウタンポポやらカンサイタンポポは自分の花粉で受粉でけんから、よその花から花粉を持ってこんとあかんねんけど、セイヨウタンポポは花粉がのぅても種子ができるんやって。

でもって、在来種のタンポポは種が飛んだ後、すぐに芽ぇが出んと夏の間は休眠するらしい。せやからタンポポは「春」のイメージやねんね。

外来種のタンポポと在来種のタンポポの見分け方、知ったはります?がく(実際には「総包片」っちゅーらしいけど)が反り返ってたら外来種、まっすぐ花びらに沿うようにあったら在来種、っちゅーのが一般的なんやけど、雑種やとなんとも・・・ってな状況らしい。

ほいでもって、カントウタンポポとカンサイタンポポは花(舌状花)の数がちゃうくって、カンサイタンポポのほうが少ないみたい。

ちょっと話戻るけど、エゾタンポポはセイヨウタンポポと同じように花粉がのぅても種子を作れるタイプらしい。ってことは北海道にはエゾタンポポとセイヨウタンポポがええ勝負してるんかなぁって思ったんやけど、どないでしょう?タンポポ見つけたらぜひ裏返してチェックしてみてくださいな(笑)

今日はちょっと知的(?)なお話でした。ちゃんちゃん♪


スポンサーサイト
  1. 2007/04/04(水) 18:05:10|
  2. 動植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。