東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地震

毎年8月は忙しゅうて、新規投稿はおろかコメントのお礼&お返しがえらい遅なってもうほんますんません。もうちょっとしたら落ち着くと思いますんで、もうしばらく堪忍したってください。

さてさて、関東は地震が多くて関西は少ない、言いますけど、これはほんまやねぇ。8月だけで関東で震度3以上の地震ってもう3回くらいあったんとちゃうやろか。何日か前も震度3の地震あったし、こないだも岩手でおっきな地震あった時、関東は震度3くらいやったもんな。

関西住んでた頃は地震言うたらやっぱしあの阪神大震災、ありゃほんまに大事やったわ。忘れもせん1995年1月17日の朝。私当時中3やったんやけど(って歳バレバレやね)、寝てたら揺れて「あー地震やー。はよ収まらんかなぁ。ん?えらい長いなぁ」って思ってたら収まって、すぐにおとんが「大丈夫かっ!?」ってうちら兄妹が寝てる2階まで駆け上がって来て、兄貴が「僕とこ大丈夫や」って叫んでるんが隣から聞こえて。私はそんなに危機感持ってへんかってんけど、テレビつけてあの阪神高速が倒れてるんやらそごうが倒れてるんやら見たら恐ろしなってな。それ以来、明け方の地震、震度3以上は今でも飛び起きるくらいトラウマになってます。もう心臓バクバクやね。

けど関東で暮らすようになって、明け方(寝てる)、震度3以上やなかったら結構ビビらんと冷静になれるようになったかな。幸か不幸か。

今、ひょんなことから私の妹がうちに居候してるんやけど、こないだの岩手の地震があって夜が明けた朝の妹と私の会話。

妹:「夜めっちゃ揺れたやんな!?」
私:「揺れた、まぁ揺れたなぁ」

地震あった時、妹は寝ててんけど私は起きてたし、震度3くらいやな、そんなに騒ぐほどのもんでもないな、寝てる娘が怖がって起き出さんかったらまぁ平気やろって感覚やったから、妹に対してこんな答え方になったんやけれども、妹からしてみたらそんなリアクションが返ってくるとは思わんかったみたい。ほんで、その話をおかんにしたらしい。

妹:「私、めっちゃ揺れたと思ったのに、お姉ちゃんはあんまし、みたいな感じやったわ。やっぱしお姉ちゃんは関東にずっと住んでるからなんかなぁ」
おかん:「あんたとお姉ちゃんでは根性の入り方がちゃうねん。」

やって。なんすか?「根性の入り方」って(笑) ま、それくらい私も順応してきた、っちゅーこっちゃね。

まぁでも、関東では近い将来、10年以内にかなりおっきな地震が起こる可能性が7割やったっけ?の確率らしいから、あなどってられんよね。皆さんのお宅には防災グッズ、揃ってますか?ハザードマップやっけ?持ったはります??うちはなーんもしてません。懐中電灯の電池も最近切れてそのままやわ・・・備えあれば憂いなし、ゆぅけれどもね。おっきな地震があったら、なんとなく「もう来んやろ」って思ってまうのもよぉないことやね。日本は地震列島、あなどれまへん。関西にお住まいの人も気ぃつけな。

久しぶりの投稿、えらい長々と話横道そらしながら、ちょっと9月の防災月間を先取りしたような(ちょっとこじつけ)形になりましたけれども、カメさんのペースあるいはそれ以下でも細々と更新を続ける気ぃではおりますんで、これからも気長ぁにおつき合いくださいますよう、よろしゅうお頼み申しますぅ。

スポンサーサイト

テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/29(金) 18:13:09|
  2. 暮らしの中の一コマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーって、和製英語っちゅーか、日本で名付けられたもんやってんねぇ。ほんで、それが大阪の「心斎橋コーヒー研究所」ってとこの所長さんが名付けたらしい。コーヒー問屋に勤めてた所長さんが、会社を退職後、喫茶コンサルタントの活動を始めて、コーヒー専門店の開店をいくつも手がけていく中で出会ったお客さんに「苦いコーヒーは美味しない」ゆわれたんがきっかけやったらしい。

当時は今みたいにコーヒーの種類が多なくって、「ホットコーヒー」か「アイスコーヒー」くらいしか選択肢がなくって、コーヒーゆぅたら苦いもん、やったみたい。せやけど「苦いコーヒーは美味しない」ゆわれて、そのお客さんになんとか飲んでもらうべく、ブレンドを工夫して軽い・ちゅっくらい、苦い、3種類のコーヒーを用意したところ、「これならいける!」って飲んでもらえたんが一番軽いやつやってんてさ。ほんでその所長さんが一番軽いのんを「アメリカン」、一番苦いんを「イタリアン」、ちゅっくらいを「フレンチ」って名付けたんやとさ。それ以来、そのお店でホットコーヒーを注文するお客さんには「うちのコーヒーは3種類ありましてな。」ってするようになって、じわじわ、じわじわぁ、日本全国まで認知されていったんやとさ。

もともと、アメリカでコーヒー豆の価格が一時高騰した時に、ちょっとの豆でも美味しく飲めるように、浅く焙煎した少量の豆でたっぷり淹れる、ってのが一般的になった、ってこともあったみたいですな。コーヒー豆は焙煎が進むと体積が減ってまうから、深煎りにすればするほど豆をぎょーさん使わんならんくなってくるんやって。
あっ、そんなわけでアメリカンコーヒーは、レギュラーコーヒーをお湯で薄めたもんとちゃいまっせ。そうやって出してるお店もあるみたいやけれども、浅ぁに煎った豆を少量使てドリップ式で薄めに淹れたものんが正式とされてるらしい。そんなわけでブラックで味わうんが基本なんやと。

ほんで、コーヒーついでに別の話するけど、缶コーヒーってあんまし外国では見かけんもんやねぇ。外国ではコーヒーとか紅茶って「淹れて飲む」もんであって「缶に詰める」もんではないって考え方みたい。自販機も缶カンやのぅて紙コップが落ちてきて、その場で注がれるタイプのもんばっかしなんかな。

こんな所にも文化の違いってあるんやねぇ。


テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/13(水) 17:41:49|
  2. born in Osaka
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ボタン

またまたカテゴリ増やしてみましてん。その名も「born in Osaka」。皆さんが普段何気なく接しているもの、ことがら、言葉etc.の中から「実は大阪生まれやねんでー」っちゅーのを紹介したいと思います。今はOsakaゆぅてますけど、まぁそのうち範囲を広げてKansaiになるやろってことは今から見えてますけどね。まま、初っぱなからそんな細かいことは気にせんと、張り切って行きまっせ!

ボタン。婦人もん、紳士もん、そのほかいろんな洋服に取り入れられてますなぁ。このボタン工業の発祥地は大阪なんやって。知ったはりました?1882年(明治15年)に水牛角、馬蹄、牛骨、貝などを原料にしてボタンを作るちぃちゃい工場が大阪を中心にいくつかできたんがはじまりなんやって。
 
ところで、ボタンにゃ漢字があるんやけど知ったはります?「かねへん」に「口」、 「釦」って書いてぇボタンって読むんやとさ。この文字が使われるようになったんは、 明治時代初期、服の口に金属製品を入れて紐の代用にするっちゅー意味から「紐釦」って書いて、これをボタンって読んだんが始まりや、ゆわれているんやと。
 
もひとつおまけ。「ボタンの日」っちゅーのもあるねん。これは、明治3年(1870年)の11月22日に、太政官布告によってヨーロッパスタイルのネイビールックが日本海軍の制服に採用されて、前面に2行各9個、後面に2行各3個の金地桜花のボタンをつけなはれっちゅーことが決められたんを記念して、日本のボタン業界が昭和62年(1987年)に11月22日は「ボタンの日」や、って定めたんやってさ。
 
普段何気のぉ使てる小っちゃいボタンにも歴史があるねんねぇ。
 


テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/01(金) 23:58:28|
  2. born in Osaka
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。