東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーって、和製英語っちゅーか、日本で名付けられたもんやってんねぇ。ほんで、それが大阪の「心斎橋コーヒー研究所」ってとこの所長さんが名付けたらしい。コーヒー問屋に勤めてた所長さんが、会社を退職後、喫茶コンサルタントの活動を始めて、コーヒー専門店の開店をいくつも手がけていく中で出会ったお客さんに「苦いコーヒーは美味しない」ゆわれたんがきっかけやったらしい。

当時は今みたいにコーヒーの種類が多なくって、「ホットコーヒー」か「アイスコーヒー」くらいしか選択肢がなくって、コーヒーゆぅたら苦いもん、やったみたい。せやけど「苦いコーヒーは美味しない」ゆわれて、そのお客さんになんとか飲んでもらうべく、ブレンドを工夫して軽い・ちゅっくらい、苦い、3種類のコーヒーを用意したところ、「これならいける!」って飲んでもらえたんが一番軽いやつやってんてさ。ほんでその所長さんが一番軽いのんを「アメリカン」、一番苦いんを「イタリアン」、ちゅっくらいを「フレンチ」って名付けたんやとさ。それ以来、そのお店でホットコーヒーを注文するお客さんには「うちのコーヒーは3種類ありましてな。」ってするようになって、じわじわ、じわじわぁ、日本全国まで認知されていったんやとさ。

もともと、アメリカでコーヒー豆の価格が一時高騰した時に、ちょっとの豆でも美味しく飲めるように、浅く焙煎した少量の豆でたっぷり淹れる、ってのが一般的になった、ってこともあったみたいですな。コーヒー豆は焙煎が進むと体積が減ってまうから、深煎りにすればするほど豆をぎょーさん使わんならんくなってくるんやって。
あっ、そんなわけでアメリカンコーヒーは、レギュラーコーヒーをお湯で薄めたもんとちゃいまっせ。そうやって出してるお店もあるみたいやけれども、浅ぁに煎った豆を少量使てドリップ式で薄めに淹れたものんが正式とされてるらしい。そんなわけでブラックで味わうんが基本なんやと。

ほんで、コーヒーついでに別の話するけど、缶コーヒーってあんまし外国では見かけんもんやねぇ。外国ではコーヒーとか紅茶って「淹れて飲む」もんであって「缶に詰める」もんではないって考え方みたい。自販機も缶カンやのぅて紙コップが落ちてきて、その場で注がれるタイプのもんばっかしなんかな。

こんな所にも文化の違いってあるんやねぇ。


テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/13(水) 17:41:49|
  2. born in Osaka
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

缶コーヒー

久しぶりです

以前イギリス人が、イギリスで友達たちに話していた会話で「日本には缶コーヒーというのがあって、冷やして飲むとほんとにおいしいんだ」と語っていました。
 ではどうしてイギリスでは缶コーヒーを売らないの?と聞くんだけど誰も答えない。日本では、四国のうどんがおいしいというと徐々に東京に浸透していく。でもだんだん地域の特色がなくなっていってしまうので寂しいですね。
 だからイギリス流に自分流を貫くのもいいかもしれませんね。
  1. 2008/08/14(木) 18:11:49 |
  2. URL |
  3. 雨野寂 #-
  4. [ 編集]

勉強に

こんにちは。石井です。

これは勉強になるお話しですねー。
「アメリカンコーヒー」は大阪から始まったのですね。

>自販機も缶カンやのぅて紙コップが落ちてきて、その場で注がれるタイプのもんばっかしなんかな。

先日イタリアで長く仕事をされていた人の本を読んだのですが、実際こうみたいなのです。
オフィスでやたらとそのコーヒーを飲むとか。
豆もその都度挽くタイプで、その人がいた会社では販売機によって豆の鮮度が違い今日はどの販売機がおいしいか、など教え合いながら買うのだそうです。
  1. 2008/08/24(日) 08:48:36 |
  2. URL |
  3. パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵 #-
  4. [ 編集]

コメントおおきに&遅なりましたm(_ _)m

雨野寂さん、お久しぶりです。コメントありがとうございますぅ。

> 冷やして飲むとほんとにおいしいんだ」と語っていました。
ほほぅ、ってことはイギリス人には缶コーヒーはウケがいいんですねφ(.. )メモメモ
まっ、その人だけかもしれませんけど。

> でもだんだん地域の特色がなくなっていってしまうので寂しいですね。
確かにそうですね。東京でも千房のお好み焼きが食べられたり、札幌時計台のラーメンが食べられたり、ソーキそばが食べられたりしますもんね。そこに行かなくても食べられるのも、良いと良くないと両面あるってわけですな。せめて「お取り寄せ」どまりにしといたほうがええんかもしれませんなぁ。


「パチンコ社長がおくるサービスの心とマネジメントの知恵」の石井さん、いつもコメントありがとうございます。

> その人がいた会社では販売機によって豆の鮮度が違い今日は
> どの販売機がおいしいか、など教え合いながら買うのだそうです。
ほほぅ!これはコーヒーを愛飲するイタリアならでは、なのかもしれませんねぇ。

日本人がコーヒー飲み出したんもまだお茶なんかと比べたらまだまだ歴史は浅いでしょうから、そこまでこだわらんでも、缶コーヒーでも売れるんかもしれませんね。

日本でもほんまのコーヒー通な方は缶コーヒーなんか飲んでられるかっ!ってことおっしゃってそうですもんね。

  1. 2008/08/29(金) 12:43:09 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #TtgI1idk
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/06/28(火) 03:10:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motchie.blog29.fc2.com/tb.php/269-e23bfc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。