東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

節分

関西では節分ゆぅたら「太巻きの丸かぶり」やね。恵方(えほう)ゆぅ、陰陽道でその年の干支に基づいてめでたいと定められた方角を向いて太巻き寿司を一人一本食べるねん。ほんで「丸かぶり」やから切らんと食べるんやで。

ちなみに食べてる間はいっこも口きかへんねん。ひたすら黙々と食べるねん。関西圏以外の人からしたら不思議でしゃーないかもしれんね。

最近、関東でもコンビニで「太巻き予約受付中!」っちゅー貼り紙を見かけるようになったから、この風習も徐々に日本中に広まりつつあるんかもしれんね。

私はてっきり日本全国その風習があるって思っとってん。関西やったら、節分の日ぃにはクリスマスの日のケーキみたいに道端で太巻きが売られるくらいみんな買うねん。実家ではおかんがいつも巻いとったなぁ。

他の地方で、その地独特の風習みたいなん、あらへんのやろか?


♪人気blogランキングへ投票♪←1日1クリック頼んまっせ!

★こっちもランキング★画面右側の「メニュー」よりどうぞ


かがやきニュース」第68号(2004/01/30発行)より



テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2005/10/31(月) 15:09:03|
  2. 暮らしの中の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

もっちいさん まいど!ありまっせー(最近はまってきました 笑い)
九州大分のすみっこ・・・
おせったい いうて 子供がお菓子をもらって回る行事!
昔はばあちゃんが そのために ドーナツを固くしたみたいなリングの形をしたおかし・・・つくってましたが だんだん既製品にかわってきました・・・みんなで競って だれがいちばん多いかやってましたね! 袋いっぱいもらってあるいていました

ハロウインぽいかな?
  1. 2005/10/31(月) 16:42:36 |
  2. URL |
  3. えもっち #-
  4. [ 編集]

えもっちさん、まいど!
合言葉になってきてますね _・)ぷっ
「おせったい」ですか・・・「お接待」なんでしょうかねぇ。本当にハロウィンみたいですね。さすがに仮装はしませんよね??
  1. 2005/10/31(月) 17:57:50 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #-
  4. [ 編集]

うーん、奇妙な光景ですなぁ・・・(^。^;)

話には聞いたことがありますが、私はまだ現場を見たことがありません。
うーん、家族全員で丸かじり。
しかも太巻き・・・

笑わずにできるだろうか
かなり、難しそう。(^。^;)

いろんな風習があるものなのですね。

「おせったい」
なるほど・・・
子供がお菓子をもらって回るというお祭りは、形をかえていろいろなところにあったような気がします。
それも、可愛いですね。

東京じゃ、すっかりそういう光景も見なくなったが淋しい限りです。
  1. 2005/10/31(月) 19:17:14 |
  2. URL |
  3. 益田 #5vEEFD82
  4. [ 編集]

益田さん、コメントありがとうございます。
笑わないようにみんなそれぞれあさっての方向を見ながらもぐもぐするんですよ(^-^) ちょっと仲の悪い家族みたいですけどね・・・
  1. 2005/11/01(火) 11:39:58 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #-
  4. [ 編集]

この風習の

仕掛け人は、海苔業界だったかな?

私は、最初の一かぶりは、'一応'恵方を向いています。
が、その後はテレビを観ながら、話もしながら、ひたすらかぶっています。(笑)

関西地方だけだった、この風習も、今では全国に広がっているようです。
全国に散った関西の人間が、節分になったらお店に問い合わせるので、広がっていったとか。
広がる要因としては、やっぱり献立を考えなくても済むという主婦の力が大きいでしょうね。
  1. 2005/11/02(水) 00:28:27 |
  2. URL |
  3. りゅう #QIGpv1DA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motchie.blog29.fc2.com/tb.php/27-753aa4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。