東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生寿司

前回はなごみんさんからいただいたお便り紹介させてもらいましたけど、MTさんからも同じようなタイミングでお寿司についてのお便りいただきましたんで、こちらも紹介さしてもらいます。MTさん、おまっとさんでした。


------------

最近、気付いたことがあります。
>生寿司
もっちぃさんはなんとお読みになりますか?
大抵関西の方は、「きずし」と読まれますよね。

ところが、北海道では「なまずし」と読んで、東京でいうにぎり寿司を指します。寿司ネタが全部生なので、こういう呼び名が付いたらしいです。
以前もっちぃさんのblogでコメントを入れたかと思いますが、
寿司ネタのエビが生なのは、ここに理由がありそうです。
ですから、北海道で「生寿司」という文字を見つけたら、
「なまずし」と言わなければなりません。
関西の方にとっては、まぎらわしいことこの上ないかも知れませんね。

ちなみに、海鮮が載ったちらし寿司は、
「生ちらし」と呼んでおります。

------------

やーこれはおもろい話ですなぁ。確かに、「生寿司」ってキーワードでぐぐってみると、出るわ出るわ。どうやら北海道だけやのぅて、茨城あたりでもにぎり寿司のこと「生(なま)寿司」ゆぅみたいやね。ほな、北海道で「なまずし」頼んだら、卵焼きのんはなさそうやね。

ちなみに、関西の「きずし」は確かに「生寿司」って書くこともありますけど、ひらがなで「きずし」って書くほうが多いとちゃうかな。なんせ「寿司」ってゆぅたかて、きずしは関東とかでゆぅ「しめ鯖」やからね。まぁ厳密には鯖だけやのぅて塩で締めた青魚全般、サワラとかでも「きずし」ゆぅみたいやけれども。

うちはおとんが関東出身ってこともあってか、「きずし」より「しめ鯖」で育ってまいました。心中複雑やねぇ。


そうそう、ちょっと話ずれるけど、「バッテラ」と「鯖寿司」の違いって、鯖寿司のほうが乗ってる鯖が身が厚くて豪華、って私の認識やねんけど、おぅてます?

だいぶ前に駅の構内の物産展で柿の葉寿司と鯖寿司が売っとって、無性に食べたなったからつい買うてもうてんけど、あんましおいしなかった... orz
やっぱしなんぼなんかて駅構内なんかで買うもんちゃうね。期待しただけにがっかりもでかかったわ。
個人的には柿の葉寿司は「たなか」の柿の葉寿司が一番美味しいと思ってますねん。あーまた食べたなるぅ。

ちらし寿司は大昔にネタにしとったんで、そっち読んだってください。あ、北海道ではお刺身とかが乗ってないちらし寿司ってあるんでっしゃろか。やっぱし、五目寿司になるんやろか。また教えてくださいねー

テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/08/13(木) 07:04:54|
  2. お便り紹介コーナー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

有難うございます。

取り上げて戴きまして、有難うございます。
もっちぃさんがおっしゃる通り、生寿司には、玉子焼きはまず付いていないですね。
デパートやスーパーでよく見かける生寿司は、パック詰めで販売されておりますし。
回転寿司屋さんでは、道外から見えるお客さんのことも考慮して、玉子を扱っているお店もあるみたいですが、普通のお寿司屋さんでは皆無に近いでしょうね。

>あ、北海道ではお刺身とかが乗ってないちらし寿司ってあるんでっしゃろか。やっぱし、五目寿司になるんやろか。また教えてくださいねー
意外かも知れませんが、北海道で単に「ちらし寿司」といった場合は、錦糸玉子を載せたものを指します。
だから、海鮮が載ったちらしを「生ちらし」と呼んだのではないか、という説さえあります。
少なくとも約20年前は、北海道に「生ちらし」なるものは存在していなかったです。

>うちはおとんが関東出身ってこともあってか、「きずし」より「しめ鯖」で育ってまいました。心中複雑やねぇ。
そうだったんですね。
私も「しめ鯖」でした。

バッテラと鯖寿司については、
北海道ではバッテラですね。
鯖寿司というのは、あまり耳にしたことがありませんので。
  1. 2009/08/13(木) 15:28:10 |
  2. URL |
  3. MT #gIFVJzcA
  4. [ 編集]

サバのきずし

 里帰り中のなごみんです。
 
 「きずし・しめサバ」について、
 うちんとこは、正月にキズシをよく作ります。(真)サバは、脂ののった出産前の秋・冬が最も美味しんらしいのですって。
 最近、サバに、ごまサバと真サバの2種類あるって知しったんですが、真サバの方が脂がのってて美味しいそうです。

 バッテラ=押しずし+薄い昆布のシート付
 サバ寿司=京都寿司(サバの姿寿司) 京都のいづうさん

のイメージが強いですね。
 最近、空弁から火がついた「焼鯖寿司」も肉厚で美味しいですね。

※江戸前の鮨って、下ごしらえ(仕事をした魚)を出すのが”粋” ってとこないですか?
北海道の鮨は、素材重視なので生寿司ってイメージがありますね。

  1. 2009/08/16(日) 23:35:33 |
  2. URL |
  3. なごみん@実家 #HjmKJ2pQ
  4. [ 編集]

MTさん、コメント1番乗り!いつもありがとうございます。

> もっちぃさんがおっしゃる通り、生寿司には、玉子焼きはまず付いていないですね。
おおぅ。やはりそうでしたか。

> 回転寿司屋さんでは、道外から見えるお客さんのことも考慮して、玉子を扱っている
> お店もあるみたいですが、
そうなんですね。
と、いうことはですよ。お寿司の出前とか頼んでもないんでしょうねぇ。きっと。あっ、ほな北海道では巻き寿司ってどうなんでしょう?太巻きとか。ないんですか?

> 北海道で単に「ちらし寿司」といった場合は、錦糸玉子を載せたものを指します。
おおぅ、ってことは関西と一緒ってことですね。確かに意外ですね。

> 北海道ではバッテラですね。
北海道にもバッテラあるんですね。ちょっと嬉しいです^^


なごみんさん、ご実家からわざわざコメントおおきにぃ。嬉しいですぅ。

> 最近、サバに、ごまサバと真サバの2種類あるって知しったんですが、
> 真サバの方が脂がのってて美味しいそうです。
そうそう、若干ゴマ鯖のほうが旬が早いみたいやね。確かになんか黄色っぽいゴマ模様の鯖、そうゆぅたらスーパーで売られとるん見たことあったわ。

> バッテラ=押しずし+薄い昆布のシート付
> サバ寿司=京都寿司(サバの姿寿司) 京都のいづうさん
なるほどなるほど。

ちょっとぐぐってみたらこんなん見つけました。
もともと棒寿司には昆布ついてなかったんやってねぇ。
http://www.meotoya.com/hpgen/HPB/entries/19.html

> 最近、空弁から火がついた「焼鯖寿司」も肉厚で美味しいですね。
そんなんあるんですか。やー食べたなりますなぁ。

> ※江戸前の鮨って、下ごしらえ(仕事をした魚)を出すのが”粋” ってとこないですか?
ほんまですか?
最近はそうでもないんですけど、ちょっと前までお寿司あんまし好きやなかったんで、じぇんじぇん詳しないんです、ほんまは(^^ゞ
堪忍。

  1. 2009/08/21(金) 18:50:09 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #TtgI1idk
  4. [ 編集]

北海道にも太巻きはあるのですが、
あまり好まれていないようです。
節分やひな祭りなどの特別行事の時期にしか見ませんので。
道内で巻き寿司と言ったら、手巻寿司か細巻きのどちらかを指しているもの、と思われます。
(細巻=鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻き、かんぴょう巻きなど)

>おおぅ、ってことは関西と一緒ってことですね。確かに意外ですね。
一見すると、そのように見えます。
が、北海道のちらし寿司は激甘です(笑)
関西の方だけでなく、関東出身者でさえ、閉口するようです。
  1. 2009/08/24(月) 16:20:42 |
  2. URL |
  3. MT #gIFVJzcA
  4. [ 編集]

MTさん、再びありがとうございます。

> 道内で巻き寿司と言ったら、手巻寿司か細巻きのどちらかを指しているもの、と思われます。
> (細巻=鉄火巻、納豆巻、かっぱ巻き、かんぴょう巻きなど)

ほほぅ!ってことは助六なんてのはなさそうですね。それもまた驚きですね。

> が、北海道のちらし寿司は激甘です(笑)

ほんまですか?甘さの秘密はなんでしょう・・・桜田麩 だらけとか、ですかねぇ・・・

  1. 2009/08/28(金) 00:26:49 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #TtgI1idk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motchie.blog29.fc2.com/tb.php/302-84184c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。