東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うま煮

突然ですが、「うま煮」って知ったはります?「うま煮」って聞いてどんなメニューが思い浮かびます?

大阪やとか京都ってそもそも「煮る」っちゅー言葉を使わんと「炊く」っちゅーもんやから、例えば「筑前煮」とかも知らんかったんよね。「煮染め」っちゅーたらまだわかるかもしれんけど。

うちのダンナの実家が食堂やっとって(今はもう店たたんでもうてんねんけどね)、その食堂のメニューに「うま煮」っちゅー言葉があったんが確か私と「うま煮」の初めての出会いやったと思う。(←ちょっと大げさ?)「うま煮そば」やったかな?ほんで「うま煮」って何?ってダンナに聞いたら「中華丼の具、ご飯のないやつ」ってゆわれて、なるほど、確かに頼んで出てきたもんはいろんな野菜炒めにあんかけがかかってきて、確かに中華丼の具ぅやった。それ以来、「うま煮=中華丼の具ぅ」って思っててん。

けど、ちょっとここ見たってくださいな。ここによると「一般的にうま煮は、肉や野菜を醤油、味りん、砂糖、出し汁などともに、甘辛く煮付ける料理である」やってー

ってことは「中華丼の具ぅ」ちゃうし。だって中華丼の具ぅってことはあんかけかかってるやん?せやけど先述のサイトの写真にはあんかけかかってへん感じやん。

ほんでもって、もうちょっといろいろぐぐってみると「うま煮(甘煮)」って書いたぁるところもあるやないですか。こことかこことか。えーちょっと待ってや。うま煮って甘いんかぁ?なんか「甘煮」ってサツマイモとか金時豆の「甘煮」って聞いたらあぁ、ってなんとなく納得できるんやけれども、うま煮と甘煮が一緒ってか??と、混乱してきたんよ。ここまできたらもう「中華丼の具ぅ」なんてゆぅてられんやん?

こんなんも見つけたんやけど・・・「実際にうまいなら構わない」って、なんか「それでええんか?」ってツッコミ入れたなりません?すんごい主観的な話やないですか。

まぁでも、日本各地の郷土料理で「うま煮」やら「甘煮」があるみたいですなぁ。びっくりしました。メニューの名前一緒やのにちゃうもん出てくるねんもね。いやーおもろいねぇ。


テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/10/21(水) 23:12:08|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

コメント

今回は難しい

まいど。

うちの実家も、「うま煮」は出たことはなく、「筑前煮/炊き」の方でした。
 でも、「うま煮」って言われるとなぜか、「うずらのゆで卵」が思い浮かんできます。そう言われると八宝菜ぽいんですが、
葉物の入ってない濃いめの”鳥根菜醤油煮込み”ってとこですか。ご飯進みそうですね。

※食堂たたんでなかったら、もっちーさんも、泉ピン子さんみたいな幸楽のおかみさんになっていたかもね。

  1. 2009/10/21(水) 23:22:41 |
  2. URL |
  3. なごみん #Tp/E09hA
  4. [ 編集]

うま煮

このblogを読ませて戴いて、
「お正月料理に食べなかったんですか?」と
思ってしまいました。

北海道では、うま煮がおせち料理の重箱に入っていたり、お正月料理の一品としても登場します。
もっとも、北海道のうま煮は、
本州のうま煮より、やや甘めになっております。

ところで、私はうま煮と言えば、
>一般的にうま煮は、肉や野菜を醤油、味りん、砂糖、出し汁などともに、甘辛く煮付ける料理である
という認識ですね。
見方によっては、旦那さんのおっしゃることも一理あるかな、とも思いますが。
ただ、「うま煮そば」自体は、初耳です。

うま煮は、お正月以外でも食べますが、
もっとも、うま煮に限らず、煮物やおでんの時は、ご飯を添えるので、
「めっこ飯」にならないよう、気を付けなければならないこともありますが。

それにしてもうま煮を知らない方がいらっしゃったとは………。
あまりの驚きに声も出ませんでした(←オーバーな表現ですが、いつものことだと思って戴ければ幸いです)
  1. 2009/10/22(木) 17:38:57 |
  2. URL |
  3. MT #gIFVJzcA
  4. [ 編集]

こんばんは。神戸では筑前煮だと思うんですが、うま煮ですか。
うーん。調べてみました。
要約すると、現在のうま煮と以前のうま煮とは内容や調理法がやや違って来ているとあります。
中華丼の具のときもあれば、八宝菜のことを言う場合もあるんだって。味の違いって面白いですね。^^

  1. 2009/10/22(木) 22:26:34 |
  2. URL |
  3. らいと #hGSo2he6
  4. [ 編集]

 盛岡(もりょおが)の鉄竿でがんす。
盛岡では「うま煮」という言葉がながんす。
「うま煮」に代わる言い方として「にづげぇ」「にずぅげぇー」がありやんす。いずれも「根もの」というレンコン、ゴボウ、人参、タマネギ、イモ類の「葉物」という野菜が主体で、昆布、油揚げ、三角型コンニャクかシラタキ、ハンペン、鶏肉。 
 肉は地鳥の鶏肉で牛肉や豚肉は使いません。
「仏都もりおか」なので、牛は大日如来の化身垂迹。豚は三国志に出てくる「八戒」ということから使いません。
 「にづげぇ」は正月料理のお節で水っぽくない。
「にずぅげぇー」は発音が長音であり、普段よく食べるもので「水っぽい」ものです。
いずれも必ず黒ゴマと黒砂糖を使って「黒っぽい色」に仕上げです。
各家庭によっては片栗粉で、あんかけ風にしているところもあり。
 言葉の表現が豊富な盛岡は、アクセントやイントネーションでTPOの使い分けもありです。
  1. 2009/10/25(日) 08:26:52 |
  2. URL |
  3. 鉄竿・・TEKKAN #-
  4. [ 編集]

10月25日投稿したコメントに誤解を与えるような記述がありやんすたがら、数文字を追加しやんす。

豚は三国志に出てくる「八戒」や西遊記の「猪八戒」ということから使いません。

以上の通り追加して訂正します。
おもさげながんすた。よろすぐお頼みしやんす。 鉄竿
  1. 2009/10/26(月) 07:51:19 |
  2. URL |
  3. 鉄竿・・TEKKAN #-
  4. [ 編集]

とろみ

もっちぃさん、こんにちは。石井です。

確かに、うま煮といわれればご主人と同じように、何かとろっとしたものの炒め煮というイメージで自分も認識しております。
何だかけっこうあいまいなもんですね。
  1. 2009/11/02(月) 14:42:41 |
  2. URL |
  3. パチンコ社長「今が幸せ!」な会社を目指す #-
  4. [ 編集]

お返し遅なってもうてほんま堪忍。

なごみんさん、コメント1番乗り!おおきにぃ。

> うちの実家も、「うま煮」は出たことはなく、「筑前煮/炊き」の方でした。

やっぱしそうやんねぇ。

> 葉物の入ってない濃いめの”鳥根菜醤油煮込み”ってとこですか。

この”鳥根菜醤油煮込み”ってのをはじめみて「とっとり?しまね??」って読んでまいました(^^ゞ 筑前煮も鶏もも肉と根菜やもんねぇ。

> ※食堂たたんでなかったら、もっちーさんも、泉ピン子さんみたいな幸楽のおかみさんになっていたかもね。

あはは。どうやろね。そうかもしれんね。


MTさん、いつもコメントありがとうございます。

> 北海道では、うま煮がおせち料理の重箱に入っていたり、お正月料理の一品としても登場します。

そのようですね。北海道に限らず、ほかの地域でも「うま煮」がおせちに入ってるというのはいろいろ調べたときに出てきました。

関西ではおせちに入っているのは「お煮しめ」と呼んでいたように記憶しています。(やんねぇ?なかゆくいさん。)
でも、関西のおせちに欠かせない「棒鱈」は京都のネットショップで「棒鱈のうま煮」とか書いているところもありましたね。

脱線しますけど、棒鱈って稚内の特産なんですね。これも昆布ルートたどって京都まで来た類の様子。私はおせちの中でこの棒鱈が一番好きなんですが、関東のおせちにはなくてねぇ。あぁ、食べたくなりました・・・

> ただ、「うま煮そば」自体は、初耳です。

関東のラーメン屋さんでは「五目うま煮そば」や「五目うま煮つけめん」のようなメニューはあちこちで見られるようですよ。関東人の「うま煮」の感覚はまた違うのかもしれませんね。


らいとさん、コメントおおきにぃ。

> 要約すると、現在のうま煮と以前のうま煮とは内容や調理法がやや違って来ているとあります。

なるほど。どうやら「うま煮」の前に「五目」がつくと八宝菜、中華丼の具、のメニューになるようですね。でも、煮しめ風の「うま煮」も軽く「五目」くらいは入ってそうですよね。面白いなぁ。


鉄竿・・TEKKANさん、コメントありがとうございます。またご丁寧に訂正までいただきまして、恐縮です。

> 「仏都もりおか」なので、牛は大日如来の化身垂迹。豚は三国志に出てくる「八戒」や西遊記の「猪八戒」ということから使いません。

そうやったんですね。勉強になりました。

> 言葉の表現が豊富な盛岡は、アクセントやイントネーションでTPOの使い分けもありです。

これはなかなかよそ者には難しい話ですね。でも面白そうです。


「パチンコ社長「今が幸せ!」な会社を目指す」の石井さん、いつもコメントありがとうございます。

> 何だかけっこうあいまいなもんですね。

そうですね。結局リンクで紹介したどこぞのランキングのように「うまけりゃなんでもいい」ということになってしまうんでしょうね。

でもうま煮が地域の伝統的な料理で、それが変わってきてしまったのだとしたら寂しいですね。だれがいつから「五目うま煮」と言い出したんでしょうねぇ。ちょっと気になりますね。

  1. 2009/11/17(火) 15:53:52 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #TtgI1idk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motchie.blog29.fc2.com/tb.php/309-36f9d475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。