東京-大阪 あるものないもの

大阪人のもっちぃが楽しく東西の違いを紹介しまっせ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【続】共通カード

続編やでー

「パスネット」と「スルッとKANSAI」の違いの2つ目は・・・

「スルッとKANSAI」はバスに乗る時にも使えるねん。「パスネット」は残念ながらまだ使えへんみたいやね。そう考えると「スルッとKANSAI」のほうが圧倒的に使える範囲が広いって広いやんな。
   
関西の私鉄は関東の私鉄みたいにJRとか地下鉄とかに相互乗り入れしている区間はあんましあらへん。あっても、関東みたいに私鉄-地下鉄-別の私鉄って3つも替わるんはないなぁ。あと、駅名もJRと私鉄で同じ名前をつこてるんもあんましないんちゃうやろか。例えばJRの「大阪駅」に対して私鉄では「梅田駅」やし。関東は「新宿駅」とか「渋谷駅」はJRも私鉄も同じ名前をつこてるやんな。それを「紛らわしい」って思うか「場所が推定できてわかりやすい」って思うかは人それぞれやけど。

関東は「官」主導で関西は「民」主導。こんなところにも東西の文化の違いがあるんやね。


♪人気blogランキングへ投票♪←1日1クリック頼んまっせ!

★こっちもランキング★画面右側の「メニュー」よりどうぞ


かがやきニュース」第76号(2004/03/26発行)より



テーマ:関東在住大阪人 - ジャンル:地域情報

  1. 2005/11/07(月) 14:46:23|
  2. 暮らしの中の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

京都を回る時は

市バスを利用しますが、スルッとKANSAIは、ここでも重宝しています。
現在、私鉄はJRのICOCAと同じようなICカードのPiTaPaが京阪と阪急で利用可能となっており、来春から地下鉄やその他の私鉄でも順次利用可能となってきます。
スルッとKANSAIのICカード版みたいなものですね。
これは、ICOCAとは違い、銀行引き落としなので最初の手続きが面倒ですね。
でも、手続きさえ済めば、定期であれば毎月の手続きは不要ですし、定期でなくてもチャージの必要がないので楽です。

大阪駅(JR)、梅田駅(阪急)、梅田駅(阪神)、梅田駅(地下鉄御堂筋線)、東梅田駅(地下鉄谷町線)、西梅田駅(地下鉄四つ橋線)は、全部「梅田」「キタ」と呼ばれる場所にあります。(笑)

大阪駅で降りた出張族が、タクシーに乗り「梅田まで」と言ったという嘘か誠かわからない話もあります。(笑)
  1. 2005/11/07(月) 23:26:48 |
  2. URL |
  3. りゅう #QIGpv1DA
  4. [ 編集]

こんばんは!えもっちです まいど。
私は車商圏なので バスはくわしくありません
大阪は新大阪から伊丹空港までのバスはよく利用していました
いつもありがとうございます
  1. 2005/11/08(火) 03:58:52 |
  2. URL |
  3. まだまだがんばる! #-
  4. [ 編集]

ほぇ~

りゅうさん、いつもありがとうございます。

イコカは銀行引落しですか!知らなんだ・・・イコカもピタパも私が関東に引っ越してからできたもんなんでねぇ。となるとしまいにみんなイコカに移行してしまうんでしょうかねぇ。しゃれみたいですけど。

あと、名前は違いますが「北新地」の駅も梅田から屋根続きで行けてしまいますよね。


えもっちさん、まいど!いつもおおきに。新大阪から伊丹までバスですか。私は乗ったことないですねぇ。新大阪やったらそのまま御堂筋線、北大阪急行でモノレール、みたいに行けませんでしたっけ??あかん、だいぶ忘れてきてる・・・(^_^;)
  1. 2005/11/08(火) 13:43:11 |
  2. URL |
  3. もっちぃ #-
  4. [ 編集]

ちゃいますがな

> イコカは銀行引落しですか!

銀行引き落としは、PiTaPaです。
ICOCAは、チャージですよ~ん♪
  1. 2005/11/09(水) 12:35:01 |
  2. URL |
  3. りゅう #QIGpv1DA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motchie.blog29.fc2.com/tb.php/34-3170b63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。